上司と不倫をしてしまうきっかけ5つ!会社は不倫しやすい?

あなたは今、既婚者の上司に恋をしてしまい悩んではいませんか。

既婚者への恋はイケないと分かっていながらも、止められないことがあります。

実は、会社内では不倫が起きやすいきっかけがありました。

上司との不倫はどこでバレてしまうんだろう…

社内での不倫がバレるとどうなってしまうのだろう…

イケないと分かっているのに、止められない…

と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

会社では、2人だけになるシーンが多かったり、近い距離感で働き親近感を抱きやすかったりと、不倫のきっかけが多いのも特徴です。

しかし結論から言うと、社内での不倫はリスクが大きすぎるため、おすすめできません。

社内では、噂が広まりやすくバレやすい上に、仕事を失うリスクもあります。

どうしても寂しく、どうしようもない気持ちを埋めたい人にはバレるリスクの少ないマッチングアプリの使用がおすすめです。

本記事では、会社内で不倫がバレるきっかけと不倫がバレた場合のリスクについてまとめました。

この記事を読めば、上司と不倫が始まるきっかけやバレるきっかけを知り、自分の気持ちを整理することができ、新しい恋愛に一歩踏み出すことができます。

社内不倫はリスクが大きいのでオススメはできませんが、もしするのであれば念入りな対策と準備が必要です。

是非参考にしてみてください。

1. 上司との不倫にハマる女性の特徴3つ

上司との不倫にハマる女性の特徴

イケないとは分かっていながらも、上司と不倫をしてしまってはいませんか。

実は上司との不倫にハマる女性には、特徴があります。

この章で、上司との不倫にハマる女性の特徴について見ていきましょう。

上司との不倫にハマってしまう特徴を知ることで、自分に当てはまっている部分を考えることができ、これからの予防線を張ることができます。

イケないと分かっていてもハマってしまうのが不倫なので、予防できる部分で準備をしましょう。

上司との不倫にハマる女性の特徴は以下の3つです。

  1. 心を許せる友人や恋人がいない
  2. 仕事を一生懸命がんばっているのに評価されないと感じている
  3. 仕事を一生懸命がんばっているのに評価されないと感じている

では、順番に解説をしていきます。

1-1. 心を許せる友人や恋人がいない

心を許せる友人や恋人、配偶者がいない人は不倫にハマりやすいです。

会社で親身になって相談してもらったときに、安らぎを覚えるからです。

上司は、社員がやめないために、親身になって定期的に相談に乗ります。

寂しさを吐き出せる相手がいない場合、上司への相談で寂しさや不安を打ち明けてしまうでしょう。

よって、心を許せる友人や恋人がいない場合は不倫にハマりやすいです。

上京や、大学卒業で仲の良い友人と離れてしまったという人は注意が必要になります。

1-2. 仕事を一生懸命がんばっているのに評価されないと感じている

仕事を一生懸命頑張っているのに評価されないと感じている人は不倫にハマりやすいです。

なかなか評価されないと思っている人は、承認欲求が強く、認めてもらえる存在に嬉しくなってしまいます。

会社では、特定の上司が部下を褒めることはよくあるの、つい嬉しくなってしまうこともあるでしょう。

よって、仕事を一生懸命頑張っているに、評価されないと感じている人は不倫にハマりやすいです。

1-3. 恋愛面ではうまくいかないことが多い

恋愛面でうまくいかないことが多い人も不倫にハマりやすいです。

会社内では、異性と接することがよくあります。

そんな中で、優しくされたり親しくなると、恋愛的な感情も抱きやすいです。

特に恋愛で上手くいっていないと身近な異性に優しさやぬくもりを求めてしまいます。

上記の理由で、恋愛面でうまくいかないことが多い人も不倫にハマりやすいです。

2.上司と不倫する場合のリスク3つ

上司と不倫するリスク

不倫は社会には認められない不貞行為のため、誰にもバレてはいけない恋です。

では、実際にバレてしまうとどんなリスクがあるのでしょうか。

この章では、不倫をする際に背負う3つのリスクについて解説しています。

リスクを正確に認識すると、不倫するメリットの薄さに気づくことができるでしょう。

それだけではなく、不倫は必ず終わりが来るため、本気になると自分が一番苦しい思いをします。

自分が傷つかないためにも、社内不倫のリスクを認識しておきましょう。

不倫をする際の主なリスクは以下の3つです。

  1. 上司の配偶者にバレて慰謝料を請求される
  2. 信頼、人間関係を失い会社に居づらくなる
  3. 自分の配偶者にバレて離婚される

では、順番に解説していきます。

2-1. 上司の配偶者にバレて慰謝料を請求される

不倫がバレると、不倫相手の配偶者に慰謝料を請求されます。

不倫された側は精神的に大きなダメージを受けるからです。

精神的な苦痛に対する慰謝料と、その心理的トラウマの通院・治療代に当てられます。

慰謝料の相場は主に3パターンです。

  1. 離婚しない場合:50万~100万円
  2. 離婚しないが別居する場合:100万~200万円
  3. 離婚する場合:200万~300万円

最高で300万円程まで払う場合があるので、そのリスクを背負ってでも付き合いたい相手なのか、ということを考えてみると、意外と諦めがつくかもしれません。

以上の理由で、不倫がバレると不倫相手の配偶者にマックス300万円の慰謝料を請求される可能性があります。

2-2. 信頼、人間関係を失い会社に居づらくなる

社内での不倫がバレると、会社に居づらくなります。

それは、信頼と人間関係を失うからです。

不倫した人だと悪評を流されたり、仕事が頼まれなくなったりします。

会社という場所はある種の狭いコミュニティーなので、悪い噂は瞬時に拡散されてしまうのです。

よって、不倫がバレると会社には居づらくなってしまいます。

2-3. 自分の配偶者にバレて離婚される

配偶者にバレると、離婚されてしまう恐れもあります。

不倫は、された側に多大なストレスやショックを与えるからです。

配偶者に不倫されたショックで、うつ病や自殺未遂を起こしてしまう人もいます。

そんな精神状態で、夫婦関係をやり直すのは難しいでしょう。

よって、配偶者にバレると離婚につながる可能性があります。

3. 社内不倫がバレるきっかけ7つ

上司との社内不倫のきっかけ

会社は人が多いので、不倫が始まるきっかけも多いですが、不倫がバレるきっかけも多いです。

会社員の場合、一週間のほとんどを会社で過ごすので、周囲の人間関係に敏感な人も多いでしょう。

不倫がバレるきっかけは主に以下の7つです。

  1. 会社でのメールのやりとり
  2. 職場での態度の変化
  3. 映像や写真などのデータ
  4. 退社・有給取得のタイミングが同じ
  5. 不倫に本気になる
  6. 社内の誰かに相談する
  7. 油断する

では、順番に解説していきます。

3-1.会社でのメールのやりとり

会社でのメールのやり取りも不倫がばれるきっかけになります。

会社では、どこの誰が自分のパソコンやスマホを見ているか分からないからです。

たまたま、メールが届いたところを同僚が見ていたり、メールの履歴が見つかったりすることはよくあります。

誰もいないトイレでメールをしたり、来たメールをスグに消すなどの対処が必要です。

上記の理由で、会社でのメールのやり取りも不倫がばれるきっかけになります。

3-2. 職場での態度の変化

職場での態度の変化も、不倫がバレるきっかけの一つです。

不倫をしている二人は、上手く隠せていると思っていても、周囲には意外異変が感じられます。

それまで普通に接していたのに、不倫をしてからよそよそしくなったり、逆に意識しすぎてチラチラと目配せしているところを見つかったり。

以下は実際に感じている人の事例です。

周囲は意外と変化に敏感なので、職場での態度の変化も、不倫がバレるきっかけになります。

3-3. 映像や写真などのデータ

映像や写真などのデータは特に注意が必要になります。

なぜなら、映像や写真などのデータは不倫の決定的な証拠になるからです。

映像や写真などのデータは、つい記念に残したがるが、後から見つかったときに言い訳ができなってしまいます。

デートや二人の記念日にスマホで撮った写真やデータはついつい残したくなってしまうもの。

しかし、いつまでも不倫の証拠として残ってしまうので、注意が必要です。

3-4. 退社・有給取得のタイミングが同じ

退社や有給取得のタイミングは同じことも不倫がバレるきっかけの一つです。

二人の関係を疑っていたり、不思議に思った居たりすると、退社や有給のタイミングが同じことは、不倫しているという決定打になります。

有給が被ることは珍しいので、1度だけならあまり問題はありませんが、2度3度と重なると疑いが確信に変わってしまうでしょう。

上記の理由で、退社や有給取得のタイミングは同じことも不倫がバレるきっかけになります。

3-5. 不倫に本気になる

不倫に本気になってしまうと、不倫がばれるきっかけになります。

本気になると、視野が狭くなってしまうからです。

周りの目を気にせず一緒に帰ったり、職場での態度に出やすくなったりします。

上記の理由で、不倫に本気になることは、不倫がばれるきっかけの一つです。

3-6. 社内の誰かに相談する

誰かに相談をすることで、不倫が周囲にバレてしまうこともあります。

どれだけ信頼を置いている友人だとしても、その友達から他の友達へと少しづつ噂として広がって行くからです。

特に、社内不倫のようなテーマは重大なため、相談された内容を他の人へ相談する場合もあるでしょう。

よって、誰かに相談をすることで、不倫がバレてしまうこともあります。

4-7. 油断する

油断したときに、不倫がバレるきっかけになります。

急に馴れ馴れしくなると、周囲の人は不思議に感じるからです。

接し方や名前の呼び方など、ふとしたときに普段の様子が現れてしまいます。

その一瞬を周囲の人は見逃さないので注意が必要です。

上記の理由で、油断したときに、不倫がバレるきっかけになります。

4. 不倫がバレない人が守っているルール

不倫がバレない人が守っているルール

上記で述べたように、人間関係が密接で、人が多い会社内での不倫はバレやすいです。

そのため、社内で不倫をしている人はバレないようにルールを作っています。

社内での接し方や、社外で会うときまで気が抜けません。

主なルールは以下の4つです。

  1. 会うときは細心の注意を払う
  2. 態度を変えない
  3. 証拠を徹底的に消去する
  4. ケンカを持ち越さない

では、順番に解説していきます。

4-1. 会うときは細心の注意を払う

会うときに細心の注意を払うことは不倫がバレないようにする上で重要です。

デートを目撃されたら、社内で一瞬で噂が広がってしまいます。

特にホテルや映画など、同僚だからという言い訳ができません。

会うときに誰にも見つからないような、細心の注意を払うことが重要です。

4-2. 態度を変えない

不倫前と後で態度を変えないことは重要になります。

社内の人は態度の変化に気づきやすいからです。

それまで仲が良かったのに、急に話さなくなったり、逆に口調が柔らかくなったりと、周囲は敏感に察知します。

上記の理由で、バレない不倫のためには不倫前と後で態度を変えないことが重要です。

4-3. 証拠を徹底的に消去する

証拠を徹底的に消去することは、不倫をばれないようにする上で重要です。

少しだけでも証拠が残っていたら不倫が決定的になり、言い訳ができなくなってしまいます。

注意すべきはこの3点です。

レシート・写真・メールなどの連絡履歴

不倫をしている多くの人は、不倫がバレないように証拠を徹底的に消去しています。

4-4. ケンカは持ち越さない

ケンカを持ち越さないようにすることは重要です。

ケンカを持ち越すと、職場でも無意識のうちに態度に出てしまいます。

本人が意識をしていなくても、目線や態度に表れてしまうことも。

周囲が逆に気を使うことにも成りかねません。

よって、ケンカを持ち越さないようにすることは重要になります。

5. まとめ|会社内での不倫はリスクが大きくおすすめはできない!

ここまで、会社で不倫がバレた場合のリスクや、不倫がバレる原因について解説してきました。

しかし、会社内での不倫は噂が広まりやすく仕事も失い兼ねないので、リスクが大きくおすすめできません。

不倫は報われない恋なので、最終的に傷つくのはあなた自身です。

もし少しでも、同僚や相手の奥さんへの後ろめたさや罪悪感、迷いを感じるのであれば、リスクの少ないマッチングアプリを使った恋愛をおすすめします。

出会いを求めている多くの人がいるので、自分の好きなタイプの男性を選ぶことができます。

オススメのアプリはハッピーメールです。

ハッピーメール

ハッピーメール3つのオススメポイント

  1. 会員数が圧倒的な1300万人
  2. 街灯広告も多いので、若者〜50代まで幅広いユーザー
  3. 顔写真を登録する必要がないので、気軽に使える

上司とのバレたときにリスクの大きい不倫でなく、気兼ねなく付き合えてリスクのないハッピーメールでの恋愛をおすすめします。

ハッピーメールでの詳しい出会い方を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

この記事が参考になれば幸いです。

その他の方法で出会いをゲットするならこちらの記事をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です